初めてのアレの日に彼氏に言われた「チクチクだねー!」

私は小さい頃から毛が濃くて悩んでいました。
年を重ねるにつれてそれがどんどん嫌になり年頃の頃には腕や足を全く露出しなくなりました。
プールや海に誘われても生理だからと断るしかなかったりと、とにかく人に肌を見られるのが嫌でした。

でもそんな私にも彼氏ができました。
デートに行くときはもちろんミニスカートなどは履かずに長いズボンばかり履いていましたし、女の子らしいかわいい格好は勇気が出ずできませんでした。
でもそれでも彼は私のことを大切にしてくれていました。

そして彼と初めて夜を過ごした日のことです。
前の日にきちんとムダ毛処理をしていたのですが、そんなことでつるつるになるほど私の毛は優しくなく、前日に処理したはずの手足は夜にはもう触れるとチクチクとしてしまうほど生えていました。
彼と肌と肌が触れ合う度にそわそわしながら不安でいっぱいでしたが、彼はその日何気なく私に、チクチクだねー!と悪気なく一言を。
私はその一言がやっぱり悲しくて彼と会う日は当日に普段より念入りに毛の処理をしないと不安になるようになってしまい、精神的にもかなり疲れたのを今でも覚えています。

女性にとって好きな男性からの体毛関係の言葉は絶対に傷つくし、
それを回避するために頑張る女性は心から応援したくなってしまいますね、

⇒川崎市民が教える!川崎での脱毛レクチャー最新版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加