思春期にあらゆる部位の毛深さを男子に指摘された忘れられない想い出

小学生の頃から口の周りに産毛という名のヒゲが濃く生えていて、母親に剃刀で剃ってもらっていました。
中学校に上がると、脚の毛(とくに膝下)がものすごく濃くなってきたので、毎日剃刀で剃るようになりました。

しかし、男性並みの毛深さなので翌日にはチクチク太くて立派な毛が・・・悩みのタネでした。

当時、好きだった男の子の後ろの席になり、ますます念入りにムダ毛処理をしていたのですが、
ある日その男の子から「○○さんって、俺より毛深くない?」って笑いながら言われました。

かなりの精神ダメージを受けましたが、
「えー?なんでー?」と明るく聞いてみると「脚とかボーボーやん」と、一言。
どうやら剃り残しや埋没毛が目立っていたみたいです。

あと、その時うなじの毛も指摘されました。
たしかに襟足の毛も剛毛で美容院に行くと毎回、有無を言わさずシェーバーで剃られていました。
そのせいか、うなじもジョリジョリだったようです。
当時ショートカットだった私は、その恥ずかしい部分を堂々と見せつけていたのです。盲点でした。
膝下に集中し過ぎていました。(それも完璧ではなかったのですが)

多感な時期に、好きな男の子にそんな風に言われて私はしばらく立ち直れませんでした。

⇒川崎市民が教える!川崎での脱毛レクチャー最新版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加